Fly To The Sky

happylifeo.exblog.jp

アメリカ・台湾での駐在生活を終え帰国。名古屋生活3年目突入~☆ ビジネスマンの夫と4歳の娘・2歳の息子と主婦な私の4人家族~☆

<   2006年 02月 ( 18 )   > この月の画像一覧

City Nicknames

今日New England地方はめちゃめちゃ寒くて、最低気温が、なんと、-6F ≒ -21℃。。
その上、風も強くて、Wind Chill(体感温度)は、なんと、-20F ≒ -28℃だったらしい。。。
私は朝ESLのクラスに行ってきたのですが、風が吹くと顔面の感覚が麻痺するくらい
寒かったです。〃ピン〃と引き締まってお肌に良さそう?!なんて。(笑)
でも、これでも「まだ記録的寒さ」には程遠いらしく、Newsではこの地域で
これまでに一番寒かったのは、1900年の-40F = -40℃という記録だとのこと。
-40℃って想像もつかないのですが、、、、、北極並み?!


CITY NICKNAMES

ところで、話は全然変わるのですが、ちょっと興味深かったのでご紹介を。
ご存知の方も多いと思いますが、アメリカの各都市にはNickname(あだ名)がついています。
Big AppleがNYのことだというのは世界中の人がみんな知っているくらい有名ですが、
実はあまり知られていない他の街にも色んなNicknameがつけられているんです。
それぞれその地域の様々な特徴から取ってつけられていて中々おもしろいです。

New York City, NY (New York)     Big Apple
Boston, MA (Massachusetts)      Beantown
San Francisco, CA (California)     Golden Gate City
Los Angeles, CA (California)      City of Angels
Las Vegas, NV (Nevada)         Sin City
Portland, OR (Oregon)           Rose City
Seattle, WA (Washington)        Emerald City
Chicago, IL (Illinois)             Windy City
Detroit, MI (Michigan)            MoTown
Pittsburgh,PA (Pennsylvania)      Iron City
Nashville, TN (Tennessee)        Music City
New Orleans, LA (Louisiana)      Crescent City

他にももっともっとたくさんあるので、挙げ出すときりがないのですが、
代表的なのをいくつか知っておくとその街に対する理解も深まってよさそうだな~
って思いました♪
[PR]
by happylife109 | 2006-02-27 23:59 | CULTURE

Welcome & Farewell Party

昨日は旦那さんの会社の駐在員の方々が全員参加して
☆歓迎会&送別会☆がありました。
ちょうど昨日の朝に新しくアメリカでの駐在生活を
スタートさせるためBostonに到着された部長さんの歓迎会と、
4年間のアメリカ駐在生活を終えて
来週日本に帰国することになったご家族の送別会でした。
新しい部長さんは今回は単身での駐在ということで
ご家族の方々は一緒には来られなかったのですが、
5月の連休や夏休みにはこっちに遊びに来られる予定とのこと。
一方、今回日本に帰国されるご家族は、最初アメリカに来たときは
まだ新婚さんで夫婦二人だけだったのですが、この4年間の間に
家族が2人も増えて今度は家族4人で日本に帰ることになったので
アメリカの生活がとても思い出深かったのは言うまでもなく、さらにアメリカ生まれの
二人のお子さんとこれから初めての日本での生活もまたとても楽しみだとのこと。
最後になぜか(?)お古の「男女産み分け」の本を頂いちゃいました。(笑)
まぁうちには冗談半分(?)な感じで下さったのだと思いますが、
別の駐在員の奥さんは現在妊娠中なので、妊娠関連の本や
ベビーベット・ベビー服など本格的に(?)色々頂いていました。
でもこれらが次にはまたうちにお古として回ってくる可能性大と言われています。(笑)

レストランでみんなでお食事をした後にうちへご招待して
女性陣はお茶して男性陣は飲んだりしてとても盛り上がり
結局みなさんお帰りになったのは夜中の2時半すぎ。。。
子供たちが私達のベットで寝てしまっていたので
そのご家族にはうちで泊まってもらうことになり、
私は色々とそのあと片付けなどをして
旦那さんはお客さん用のAir Bedを膨らませたりして
二人とも寝たのは朝4時半くらいでした。。(笑)

結婚して以来こんなに遅くまで遊んだ(?)のは初めてかも!?
眠かったけど、みなさんもとても楽しかったみたいなので本当によかったです~♪

旦那さんの会社では最近急に色々と人事異動があってびっくりしていましたが、
なんと、次は春ごろに日本人の社長さんが交代されることになったらしく
あと2-3ヶ月間でまた全体的にガラッと人が入れ替わりそうです。
[PR]
by happylife109 | 2006-02-26 23:52 | DAILY LIFE

Holocaust denier pleaded guilty

最近“風刺漫画事件”によってイスラム教徒から猛攻撃を受けているヨーロッパで
再び「表現の自由」をめぐって議論が巻き起こるニュースがありました。

2月20日、ヒトラーによるHolocaust(ユダヤ人大虐殺)を否定した
イギリス出身の歴史家(Historian)の David Irving に、
AustriaのVienna Court(ウィーン裁判所)から
有罪による懲役3年の実刑判決が下されました。
David Irvingは、これまで"Hitler's War"(ヒトラーの戦争)等およそ30冊におよぶ
著書の中で、World War Ⅱ(第2次世界大戦)において、
ヒトラーはHolocaustには関与していなかった、
Auschwitz(アウシュヴィッツ強制収容所)にガス室はなかった、
The Nazis(ナチ軍)によるユダヤ人虐殺の数(600万人以上)は誇張されており
ユダヤ人の大部分は毒ガスではなくチフスなどの病気で死亡した、
(別の見解として)ガス室はあったがそれはただのいたずらだった、などと主張し、
1989年にAustriaで行ったスピーチでHolocaustを否定する発言を行ったことで
指名手配されていて、昨年Austriaで逮捕され、起訴・拘束されていました。
Germany・Austriaなどおよそ11ヶ国では“Holocaustを否定する行為”自体を
犯罪として規定している法律があり、従って、David Irvingはこの法律に抵触したため、
ドイツ・オーストラリア・カナダ・イタリア・南アフリカ共和国などには居住することができず、
ニュージーランド政府も同氏の入国を禁止する処置を行っていました。

今回の裁判で、同氏は、その後自ら関連資料について調べた結果
これまでの自分の主張が全て間違いだったことを認めるとともに、
WWⅡで無辜に犠牲になった多くのユダヤ人に対して敬意も示したそうです。
しかし、1991年以降は自分の意見を変えたとする同氏の主張とは矛盾して、
実際には、2000年度に、アメリカ人のHolocaust学者である
Deborah Lipstadtを相手にイギリスで訴訟を起こし敗訴しており、
当時その訴訟を担当した裁判官からも、“Irvingは、確実なHolocaust否定者であり、
反ユダヤ人主義、かつ人種差別主義者である” と記されていたなどの経緯があり、
今回のウィーンの裁判所でも、“今では意見が変わった”等との同氏の主張は
単に自分の刑を軽減させたいが為のリップサービスにすぎず、
その真実性に疑いがある、として、最終的に懲役3年という実刑判決を下しました。

これに対しては、“(歴史の)真実が勝利した!”と喜ぶ人権団体に対して、
自由に意見を述べるべき歴史家の“表現の自由を侵害する”との学者側の反発もあり、
さらに、“イスラムを冒涜する行為は自由で、反ユダヤ的行為は犯罪なのか”との
アラブ連盟からの批判もあるとのこと。

確かに、民主主義国家であれば“表現の自由”は最も尊重されるべき権利として
広く認められるべきであるし、様々な情報が氾濫する中で、個人が自らの判断で
有益な情報を取捨選択することができるようにするのが理想的な姿だと思います。
なので、Austriaの学者が言っているように
“こんなバカなやつは無視するのが一番だ!”とも言えると思いますが、
一方で、特にHolocaustのような人類史上絶対にあってはならない
『人種抹殺のための無差別大量虐殺』などの歴史的事実に関する間違った見解と
そのような過ちを助長しかねない思想を広めるような行為の領域については、
他の類の一般的な思想や行為と全く同じようには扱うべきではないとも思うので、
そのような行為を罰する法律があり、それに違反したものを罰することは
歴史を反省し今後同じ過ちを繰り返さず人間の命(存在)そのものを守る
との観点からしても大いに許されるべきではないかと思います。
とすると、アラブ連盟からの批判についても、風刺漫画とHolocaustでは、
保護されるべき対象の“次元が違う”と言えるので、表現の自由を理由として
全く同じようにこれを批判することはできないと思いました。

などなど、、、、

と、色々考えてはみたものの、
やはり表現の自由というのは色々な権利の中でも
最もその制約が許されるべきでない権利なので
こういうギリギリのところで判断しないといけないケースは
すごく難しいです。

ちなみに、Irvingの弁護人は、この判決に不服として控訴を予定しているので
もしかしたら次回の裁判で判決が覆るかもしれないという可能性もまだありますが、
個人的には“世界平和”のためにもできれば覆らないで欲しいと思っています。
[PR]
by happylife109 | 2006-02-24 13:34 | COLUMN

Gold for Japan!

Figure Skatingすごかったですね♪
欧米のメダル候補勢が占めている中で
なんと、荒川静香が金メダル~!
金メダルが期待されていた Sasha Cohen と Irena Slutskaya の不調に比べ
淡々とした表情で優雅に滑りぬけ高得点を獲得。
かなり感動でした~。〃ウルウル〃

個人的にはMichelle Kwanのような“ものすっごく感情を込めた演技”をする
村主章枝のSkatingが好きでしたが、惜しくも4位。

これで大会「最後の大舞台」も終わり、(←私にとって。笑。)
Torino Olympicももうあと2日で閉幕式です。

次は、2008年に北京夏季オリンピック2010年にバンクーバー冬季オリンピック
予定されています。

へぇ~2010年かぁ~!、なんて思っていると、

旦那さんから、 “その時は何歳になるんだ?!” と聞かれ、、、、、

“う~ん、、、急に頭が回らなくなって計算できないわぁ~。” と答える私。

 (~_~;)ノあは。
[PR]
by happylife109 | 2006-02-24 09:20 | NEWS

Okra

Q : これは何だと思いますか。

f0011322_549780.jpg

A : カットしてある“冷凍のオクラ”です。
(それくらい見りゃ~分かるっつーの。ね~。笑。)

実は、最近かなり“お気に入りの食材”なのです~♪

アメリカに来てまだ間もない頃、スーパーで食材の買出し中に
旦那さんと二人で
“これってオクラじゃない?” “え~、オクラがある!”って
「生オクラ大発見」~!(嬉)
しかも、なんと、そこに“OKRA”って書いてあったのにビックリ。
“オクラって結構世界に(?)普及してるのねぇ~。”
なんて思ったのも束の間、
よく見るとスペルが、「OKURA」じゃなくて「OKRA」じゃん~。
※ There is no "U"
“え?オクラって日本語じゃなかったの?!” 
“。。。。。。。”
何だか、お浸しにしていたり、納豆と和えてたり、などなど
和食によく使われていたので、
てっきり“和食材”だと思い込んでいたのだが、、、
どうやら、“OKRA”は英語で、“オクラ”も英語からきていたらしい。
原産は、エチオピアで、エジプトでは2000年前から栽培されていたそうな。
奴隷としてアメリカに連れてこられた黒人がアメリカに持ち込み、
今でもアメリカはオクラの大産地だとのこと。
ちなみに、スーパーなどでよく売られているのは、Mexico産ですが。
なるほどね~そういうことだったのか~。
そして、こっちに引っ越してきてから、さらに大発見したのが、
↑上にある冷凍の“Cut Okra”~♪(嬉)
かなり便利で、味も普通においしいし、色々な料理に愛用中です。

[PR]
by happylife109 | 2006-02-22 16:20 | FOOD

President of Harvard Resigns

昨日のBostonでのTop Newsは、
『Harvard Universityの総長(President)辞任の話』でした。

これまでも教授陣と度々衝突し物議を醸し出していた、Harvard University
Lawrence H. Summers総長(51歳)が21日付けで辞任を発表しました。

経済学者(Economist)であるSummersは、
Bill Clinton政権下で財務長官(Secretary of the Treasury)に在任後、
2001年にハーバード大学の総長として就任しましたが、
たった5年という短い任期を辞退という形で終えることになりました。
1862年に就任2年後に死亡した総長以来初めて最も短い任期を勤めたことになるそうです。
傲慢で自己満足にすぎないと言われてしまうような独断的な学校運営や、
女性は先天的能力が劣っているから科学・工学分野への進出が少ない
(Women might lack an intrinsic aptitude for math and science)
などの趣旨の女性差別的な発言などで、およそ370年にもおよぶ
ハーバード大学史上初めて人文・自然科学分野の教授陣による
「不信任決議」(No-confidence vote)をうけるという不名誉な事態に陥り、
一度は理事会の支持で何とか退出を留めることができましたが、
つい先日再び同教授陣による2度目の「不信任決議」が行われる予定だとの
通告を受け、もうこれ以上理事会の支持は受けられそうにないとの判断で、
やむを得ず「不信任決議」よりも前に自ら辞任を表明したものと言われています。

総長は昨年1年間の基本給だけでおよそ$563,000ドル(≒¥6700万円)と謳われており、
「1636」というハーバード創立年度の特製ナンバープレートをつけた黒いリムジンを乗り回し、
イギリスのTony Blair首相の元広報担当の女性を雇うなどの「派手なやり方」で、
特にハーバードのように歴史が長くその教授陣の多くが終身で教授職に勤め
古いVolkswagenの自家用車を乗り続ける質素な生活を行いながら日々研究を進め
学校や社会のために穏やかで協調的にゆっくり物事を進めていくような雰囲気とは、
とても対照的で、Harvardの学風に合わなかったとのことです。

どんなに頭がよくて能力がある人間でも、社会の中で活躍したり多くの人を率いるためには、
やはりその周りに存在する人間と上手く協調できなければそのうち独りよがりになってしまって
その集団からは見捨てられてしまうのが社会の厳しさでもありますよね。
だからこそ、自分の下に多くの人(部下)を抱えれば抱えるほど
より「謙虚」・「謙遜」であることが大事になってくるんだと思います。
気づかないうちに傲慢さに溺れ身を滅ぼさないよう要注意。
[PR]
by happylife109 | 2006-02-22 13:24 | NEWS

Dumplings(Gyoza)

週末があっという間に終わっちゃいましたぁ~。

f0011322_12172865.jpg金曜日の夜は旦那さんが会社の方々と
夕食を食べて帰ってきたので、
その間、私は家で『皮から手作り餃子』を作っていました。
全部で30個作ったのですが、皮から作ったから、
〃ぷりぷり〃してすっごくおいしくて、
この土日の間に二人でペロっと全部食べちゃって
もうないです。
おいしかったし、また作ろぉ~っと♪

月曜日はPresident's Dayで祝日なので、
私のESLクラスはお休みなのですが、旦那さんの会社は通常通り出勤らしいです。
ちょっと「マイナーな祝日」だと会社などはお休みじゃないことが多いので残念~。。
[PR]
by happylife109 | 2006-02-19 23:13 | FOOD

Figure Skating

Torino Winter Olympic盛り上がってますよねぇ~♪
我が家も毎晩夕食を食べながら再放送されている試合などを見ています。

どんな競技でも結構おもしろくて色々見ていますが、
中でも、特に、私は昔からFigure Skatingが好きでいつも見ていました。

今日はMen's Figure Skatingの決勝があって、
RussiaのEvgeni Plushenko金メダルをとりましたねぇ。
演技がとってもすばらしかったです!

一番楽しみなWomen's Figure Skatingは21日と23日に行われる予定です。
今年はMichelle Kwanが負傷で出場できないことになってしまったので
彼女の演技を見れないのが本当に本当にすごく残念です。。
でもその代わりとして、Sarah Hughesの妹のEmily Hughesが出場するので
まだ若く将来性のある彼女が初のオリンピックの舞台で
どのような演技を披露するのか注目度高いです。
[PR]
by happylife109 | 2006-02-16 23:38 | NEWS

ELLE

今月号のアメリカ版ELLE。
「ELLE」は世界各国で出版されていて日本でもお馴染み。
アメリカには他にもVogue・Vanity Fair・Harper's Bazaar・In Style・Glamour・・・
などなど、たくさんのFashion Magazineがあります。
中でも私が普段よく「ELLE」を読んでいたことを知っていて
旦那さんが出張の帰りのお土産に買ってきてくれましたぁ♪
f0011322_13503023.jpg

今月の表紙を飾っているのは、Ashlee Simpson。
Jessica Simpsonの妹で、姉妹ともに“売れっ子”です。
他にも、色々と素敵な衣装や個性的なジュエリーがたくさん載っていて
欲しいものが盛りだくさんでしたぁ~♪(笑)
〃ふむふむ〃

< Today's Supper >
・玄米ご飯
・大根とおくらのお味噌汁
・焼き鮭
・ワカメの茎とじゃこのポン酢和え
・ブロッコリーとトマトのカッテージチーズサラダ
・カリフラワーのマヨかけ
・デザート:りんご・緑茶
[PR]
by happylife109 | 2006-02-15 23:47 | FASHION

St. Valetine's Day

今日は「バレンタイン・デー」。
英語では、「Saint Valentine's Day」(聖バレンタインの日)と言います。

この「Saint Valentine」というのは、西暦3世紀頃にローマ皇帝の迫害の下で殉教した司教
の英語名ですが、当時は「ウァレンティヌス」又は「バレンチノ」と読まれていたそうです。
バレンタイン・デーの由来は、西暦3世紀頃に遡ります。
当時ローマ帝国の皇帝クラウディウス2世は、愛する人を故郷に残した兵士は士気が下がる
という理由で、兵士の婚姻を禁止しましたが、キリスト教司祭だった聖バレンタインは、
密かに兵士達を結婚させていたため、投獄され、269年2月14日に処刑されてしまいました。
その後キリスト教徒にとって、この日は男女が愛を誓い合うという意味を持った祭日となり、
現在では世界各地で恋人たちが愛を誓い合う日となったそうです。

なんと、2月14日は、人々に神の愛を伝え続けようとしたSt. Valentine司教が
犠牲になってしまった悲しい日だったのですね。。
でも以後こんなにも長い間St.Valentineの名前の下で世界中の人々が
愛を誓い合う行事をずっと伝え続けてきたわけですからね。。
すばらしいことだと思います。

日本では、主に女性が好きな男性にチョコレートを渡し告白するという風習となっていますが、
アメリカでは、主に男性が好きな女性にプレゼントやお花とカードを渡すことが多いです。

でも実際のところ最近ではもうあまり「男女関係なく」って感じなんだろうと思いますが。

私も今日はチョコレート・ケーキを焼いてカードを用意していました。
そしたら、旦那さんからも、☆サプライズ☆で、
f0011322_14124898.jpg

ミニバラと素敵なカードをいただいちゃいましたぁ~♪
Happy Valentine's Day!
ありがとう~!

[PR]
by happylife109 | 2006-02-15 00:14 | EVENTS

アメリカ・台湾での駐在生活を終え帰国。名古屋生活3年目突入~☆ ビジネスマンの夫と4歳の娘・2歳の息子と主婦な私の4人家族~☆


by happylife109